〜いつか書き、燃やされる手紙のために〜

『転位のため十篇』火の秋の物語 ――あるユウラシヤ人に――(吉本隆明)

 詩人・思想家吉本隆明の詩の中で最も好きな一編は、『転位のための十篇』の中の「火の秋の物語――あるユウラシヤ人に――」だが、なぜこの詩が好きかと問われてもうまく答えられない。  ただ、僕はこの詩を読んでいつもイメージするのは「影絵」である。影絵が小さな画面のなかで動きながら、やや冗長な音楽が流れるー。...
natsuhane
natsuhane
去年