少年だった、あの時

Pocket

言葉を紡ぐということの、「一回性」と「絶対性」の中で、

いつだって、僕は立ち尽くしてしまうけれど、

この肉体と精神を唯一の武器に、自分の、そんな弱気と闘っていかなければ、

僕は、「あの日」の僕自身に、顔向けできない。

 

「本当に大事な事」は、本当はそれほど多くはないのかもしれない、とふと思う。