「ミネルヴァの梟は迫り来る黄昏に飛び立つ」

井伏鱒二

違和感と無意識、或いは太宰治の過剰適応

自分で書く言葉が、自分自身にとってヨソヨソシク感じられて困っていたのはいつのことだったか。 今頃になってようやく少し気負い無く言葉が出てくるようになったが、 それは僕が嘘つきになったか、 大人になったか、 僕自身に「言葉」が馴染んだか、 そのいずれでもないか——。   他者と分かり合おうと、 擦れあう...
natsuhane
natsuhane
9ヶ月前