タグ: 詩

『転位のため十篇』火の秋の物語 ――あるユウラシヤ人に――(吉本隆明)

 詩人・思想家吉本隆明の詩の中で最も好きな一編は、『転位のための十篇』の中の「火の秋の物語――あるユウラシヤ人に――」だが、なぜこの詩が好きかと問われてもうまく答えられない。

 ただ、僕はこの詩を読んでいつもイメージするのは「影絵」である。影絵が小さな画面のなかで動きながら、やや冗長な音楽が流れるー。

 *

 影絵は、血を流している。

 砂埃に塗れた風に吹かれている。

 その男は、影絵として存在した。

 感情を爆発させたくても、出来なくて、 ただ歩いた。

 兵士は、元はただの男だった。

 何かが、否応無く彼を、追いやった。

 それが何なのか彼は、ユウジンに応答を求める。

 そしてそれは徐々に、宣告に近くなる。

 内奥に、理不尽な憤りを抱え込んだ人間の問いは、他者に「生」を突きつける。

 *

 そんな想像に浸されながら、僕はこの詩を読む。

 誠に苦しい詩である。

僕には、その苦しさが「存在の危うさ」の前に自己格闘を続ける人間の痛み、その呻き声のように響く—。

 

***

転位のため十篇

火の秋の物語 ――あるユウラシヤ人に――

ユウジン その未知なひと
いまは秋でくらくもえてゐる風景がある
きみのむねの鼓動がそれをしつてゐるであらうとしんずる根拠がある
きみは廃人の眼をしてユウラシヤの文明をよこぎる
きみはいたるところで銃床を土につけてたちどまる
きみは敗れさるかもしれない兵士たちのひとりだ

じつにきみのあしおとは昏いではないか
きみのせおってゐる風景は苛酷ではないか
空をよぎるのは候鳥のたぐひではない
鋪路(ペイヴメント)をあゆむのはにんげんばかりではない
ユウジン きみはソドムの地の最後のひととして
あらゆる風景をみつづけなければならない
そしてゴモラの地の不幸を記憶しなければならない
きみの眼がみたものをきみの女にうませねばならない
きみの死がきみに安息をもたらすことはたしかだが
それはくらい告知でわたしを傷つけるであらう
告知はそれをうけとる者のかはからいつも無限の重荷である
この重荷をすてさるために
くろずんだ運河のほとりや
かつこうのわるいビルデイングのうら路を
わたしがあゆんでゐると仮定せよ
その季節は秋である
くらくもえてゐる風景のなかにきた秋である
わたしは愛のかけらすらなくしてしまつた
それでもやはり左右の足を交互にふんであゆまねばならないか

ユウジン きみはこたえよ
こう廃した土地で悲惨な死をうけとるまへにきみはこたへよ
世界はやがておろかな賭けごとのをはつた賭博場のやうに
焼けただれてしづかになる
きみはおろかであると信じたことのために死ぬであらう
きみの眼はちひさないばらにひつかかつてかはく
きみの眼は太陽とそのひかりを拒否しつづける
きみの眼はけつして眠らない
ユウジン それはわたしの火の秋の物語である  (1951.10)

   初出昭和27年六月一日『大岡山文学』(第八十八号) 逸見明

詩【跛行する日々】

湿気を含んだ重たい空気が僕の体にまとわり付く。

疲れた体を引きずりながら歩いた。

何も考えないようにしながら。

 

夕暮れが苦手なんだ。

 

手を伸ばしてみる。何に触れるだろう?

 

「過去の傷」なんて言いたくはない。

 

ひたすら、祈っているんだ。

手抜きなんか出来ないから。

 

涙がこぼれそうになるのを堪えてみる。

我慢することにどんな意味を見出せばいいのだろう?

 

それでも、息をつめて、我慢していた。

 

愛しい人の声が、世界一優しい音楽のように耳の奥で響いているのを感じながら。

 

 

詩【世界の美しさ】

世界の美しさなぞ歌う前に

世界の有り様なぞ言う前に、

お前が握りしめている拳を開いて見せよ。

誰も、お前の事など信じやしない。

自らの生活を嘆く前に

自ら招いた不幸にとどめを射される前に

お前は自らの言葉を、

自らの耳で聴くのだから、

神など居なくても、

居直りや、自己欺瞞などせずとも

お前はお前を裁くのだから、

誰も何も言わないままに

誰も居ない部屋で、

どことも知れぬ時代の誰とも分からぬ自分のままで

縊れて果てる自分を見るのだ。

世界がどんなに美しかろうと

世界がどんなに醜かろうと

それと、お前は別のもの。

だから

私と世界は切り離されて

私は私を、裁くのだ。

詩【僕は、しない】

しない。

何もしない。

したい事以外、しない。

やりたいことは、

きかれても、さあ困ってしまう。

したくないんだ。

しない、やらない、お断り。

したい、やりたい、喜んで。

は前向き、自発的、仕掛けた生き方

だとして、

そうだとして、

「やりたくない」は受け身かね?

「めんどくさい」は無意味かね?

しない、できない、やりたくない。

できないやらない絶対に。

明瞭に。

 

断じて!!

詩【形骸】

肉体が精神の乗り物だと

言うヤツがいて、

肉体は内面の外化だと

言うヤツもいる。

何でも安易に信じてしまう罰に

僕は自分の

肉体が

いつまで、自らの精神を煩わせるのか、訝しむ。

胎内に置き忘れたカカトを、

恋い焦がれて懐かしむが故に、

僕の精神が、懦弱だと、

きみは早とちりをする。

完全や不完全を言っているんじゃ無いさ。

元来の所有権を主張しているだけだ。

きみにはその違いが見えないか。

自由でありたいと云うのは、

例えば、この肉体から。

例えば、この記憶から。

例えば、この悔恨から。

何でも安易に断じてしまう癖が

僕の肉体を、

この精神の形骸と看做すのだ。

詩【抱擁】

怒りと痛みと、

シラケた気持ちと、死にたい熱望と、

理不尽と、不眠に

真っ黒に塗りつぶされた日常の中で、

風と、花と、星が、

生命の官能を呼び覚ますから、

幼い頃の、僕のひだまりで、

夢を食べて生きた幼い頃の僕の日だまりで、

あのひだまりで、

夢に溶けてしまえばよかった。

幼い僕自身に

哀しみを知らなかったあの時に、

はやく、すぐに、躊躇わず、迷わず、

息の根を止めてあげられるよ、現在(いま)の僕なら。

抱擁のなかで。

詩【夕闇の呼吸】

世界があって、僕がいて、

僕がいまいるこの世界が、なくなったことを想像したら、

悲しくなった。

この世界が、醜いのは、僕が吹き出物みたいに世界にしがみついているからで、

だから、

僕が居なくなった世界を想像したら、世界はとても美しくて、

静寂も、喧噪も、歴史も、嘘も、

何にもなくなった、世界が、

世界だけがある世界が、僕がいない、世界が、

美しくて、

僕は、余計者なんだと、知った。

いつもと違う、

同じ

夕暮れのこと。

詩【逆上】

落ちているのか、昇天しているのか、わからずにいる子ども。

身を裂く傷が額に残って、

「思い出」とやらに変わっても、

怒りの感情が負債だった。

奇跡とやらを、女は望んだ。

死んでなお、生きよという。

それは呪いだ、願いじゃない。

寂しさなどは知らずに、

やましさだけが育つ。

苦しさには不感症で、

悔しさだけが、きりきりと食い込む。

のぼっているにせよ、落ちているにせよ、

失ったものは、踵だけじゃないと知った時には、

その時には、

「時間」だけが、すべての、証で、

「過去」だけが、痛んだ。

詩【靴ずれ】

波がきて、

ひいていく、

ただその淡いに、

きみがわらう。

そら。

あおい。海よりあおい、そら。

風にあおが揺れるから、と、

それが可笑しいから、と、

きみが笑うから、

ぼくは、足の痛みを無視して、

きみの、横を、

あるく。

Follow Me